戦略プロ野球2003 DX(デラックス)~優勝記念特別版~
戦略プロ野球2003 スタンダード~優勝記念特別版~


メディア ■CD-ROM
予定価格 DX:価格 9,800円(税別)
■スタンダード:税込価格 4,800円(税別)
発売日 ■平成15年10月10日

・Windows XP/Me/2000 Professional/98 日本語版
・PentiumII400MHz以上のCPU搭載機種(PentiumIII500MHz以上のCPU搭載機種を推奨)
・128MB以上のRAM(256MB以上を推奨)
・DX:320MB以上のハードディスク空き容量
 スタンダード:280MB以上のハードディスク空き容量
・CD-ROMドライブ(実行時を含む)
・800×600ドット、16ビットHigh Color以上のカラー表示が可能な環境

●(社)日本野球機構 プロ野球12球団公認ゲーム
●フランチャイズ11球場・札幌ドーム公認
●NPB BIS プロ野球公式記録使用
※本製品の起動には、必ず製品版のCD-ROMが必要です。
※DirectX9.0が動作可能な環境が必要です。



【最新成績に基づく選手データを収録】

 ペナントレースも、いよいよシリーズ終盤に入りました。
 「優勝記念特別版」では、選手データを最新の成績に基づき新しく評価しました。
 今シーズンの成績に応じた能力値に、選手データを調整、変更し収録しています。
 また各チームの一軍、二軍の構成や、ローテーションなども最新情報に変更されています。

【DXに新機能搭載】

 これまで選手の能力編集ができなかった、育成モードでデータの編集ができるようになりました。この機能の追加により、オリジナルチームを育成して、実在チームと戦わせたり、他のユーザーとオリジナルチーム同士でインターネット対戦をお楽しみいただけます。

【日本野球機構公認ゲーム】

 「戦略プロ野球2003」は、(社)日本野球機構(NPB:エヌピービー)の正式許諾製品です。球団名、選手名はもちろん実名。選手データも2003年度の最新版を収録しています。昨年度のドラフトで《新入団》した期待の新人選手が、そしてシーズン開幕後に入団した新外国人選手たちがゲーム画面に登場します。
 ロゴマークや球場も実際に使用されているものをデータ化して収録しており、実在球団と選手、球場の組み合わせで、ひじょうに臨場感溢れるゲームシーンが楽しめます。
 また今年改装されたグリーンスタジアム神戸のスタンド席や、大阪ドーム、千葉マリンスタジアム、横浜スタジアムの新人工芝も完全に再現しています。

【「DX」「スタンダード」とは?】

 様々な機能を搭載した高機能バージョンが「DX」。「スタンダード」は、お手軽にバーチャルペナントレースをお楽しみいただけるように、機能をシンプルにまとめあげた、「戦略プロ野球2003 DX」の姉妹品です。
 弊社では、この2製品を、4月25日(金)に同時発売いたします。
 価格は「DX」が9,800円(税別)、「スタンダード」は4,800円(税別)です。

【2つのバージョンの機能差は?】

 「DX(デラックス)」
  ◇登録選手数約800名。二軍を含めた12球団のほぼすべての登録選手を収録。
  ◇「公式戦通常モード」
  ◇「公式戦選手育成モード」
  ◇「オープン戦モード」
  ◇「日本シリーズモード」
  ◇「12球団トーナメント」
  ◇「6球団トーナメント」
  ◇「インターネット対戦」
「DX」には、12球団ほぼすべての選手、その数実に約800名が収録されています。

新入団選手の一例:
ジャイアンツ 木佐貫 洋 久保 裕也
スワローズ 高井 雄平 トッド・ベッツ
ドラゴンズ アレックス・オチョア マーク・バルデス
タイガース 伊良部 秀輝 下柳 剛
カープ 永川 勝浩 アンディ・シーツ
ベイスターズ 村田 修一 タイロン・ウッズ
ライオンズ 長田 秀一郎 後藤 武敏
バファローズ 坂口 智隆 寺村 友和
ホークス 和田 毅 新垣 渚
マリーンズ 西岡 剛 垣内 哲也
ファイターズ 尾崎 匡哉 山田 勝彦
ブルーウェーブ 加藤 大輔 山崎 武司
※一部の球団で、未収録選手が存在しています。

そして「戦略プロ野球」シリーズのファンの皆様から高い評価をいただいている、「公式戦育成モード」や「インターネット対戦機能」など、プロ野球シミュレーションを、よりマニアックにお楽しみいただくための機能を満載しました。
  ※インターネット対戦に必要なロビーサーバーは、システムソフト・アルファーが運営、無料でお客様にご提供いたします。

 「スタンダード」
  ◇登録選手数480名。ペナント開幕時の一軍登録選手12球団各40名。
  ◇「公式戦通常モード」
  ◇「オープン戦モード」
  ◇「日本シリーズモード」
「スタンダード」では、ペナントレースをシンプルにお楽しみいただくために、「DX」の機能をスリムアップしています。その他は、搭載されているシステムエンジンも「戦略プロ野球2003 DX」と同等の内容です!
 プロ野球ゲームに興味はあれども、価格が気になるプロ野球ファンの皆様。「スタンダード」をぜひお試しください。

【NPB BISデータを正式採用】

 「戦略プロ野球2003」では、選手データの作成に"NPB BIS(エヌピービー・ビス)"を採用しています。"NPB BIS"とは、プロ野球の試合結果を1球毎に記録している、NPB公認のデータベースです。この"NPB BIS"を使用することで、これまでも定評のあった選手能力の評価精度が飛躍的に高まりました。

【コンピュータの采配がさらに深化】

 「戦略プロ野球2003」には、140試合にもおよぶペナントレースの大局を判断しながら選手の起用法を決定する「シーズンマネジメントシステム」と、ワンゲームの流れや控え選手層から判断して、代打、投手交代をおこなう「ゲームマネジメントシステム」が搭載されています。リアルな試合展開とペナントレースを演出することで、お客様から大好評をいただいているこの2つのマネジメントシステムに、新たなアルゴリズムとパラメータが追加されたことで、コンピューターがさらに人間に近く、さらに細かな状況分析を行なって采配を揮うようになりました。

【インターフェイスも全面刷新】

 「戦略プロ野球2003」では、インターフェイスが完全に刷新されました。
 チームのオーダーを試合の事前に決定したり、選手の能力をエディットする機能が改善され、より直感的に、そしてより快適にプレイできるようになりました。

【データ配信サービス】

 球団間のトレードや、一軍ニ軍の選手入れ替え、新外国人選手の入団など、最新データに基づくチーム、選手情報をインターネットでお客様にご提供いたします。開始時期やサービスの詳細については、「戦略プロ野球2003」の発売後、弊社ホームページをご参照ください。
 ※「データ配信サービス」は「DX」をご購入のお客様を対象に実施いたします。